調べものに便利な検索サイト。知りたい情報を上手に検索するために、ちょっとしたコツを学んでみましょう。調べたい内容を必要な単語で並べたり、素早く入力する方法をご紹介します。

Instagram
Google検索
Google LLC

飯田家の父イチローさんが再びタイムスリップ、今度は3年前のイチローさんが現代にやってきます。まだスマホを買ったばかりのイチローさんが過去に戻るため調べものをしますが……。

<検索>

ブラウザ(ChromeやSafariなど)で検索サイトにアクセスしたら、検索キーワードを入力します。

1
検索キーワードの入力エリアをタップしてキーボードを表示したら、調べたい内容をスペースで区切って単語を複数並べてみましょう。
2
キーワードを入力したら「実行」をタップ、検索結果が表示されます。
3
目的とする検索結果を得られなかったら、再び入力エリアをタップして、キーワードを一部変更してみましょう。

<手書き入力>

  • Androidの一部機種のみ対応

漢字などを素早く入力できる、手書き入力を試してみましょう。

1
入力エリアをタップしてキーボードを表示したら、メニューをタップして「手書き入力」を選びます。
2
手書き入力モードでは、キーボードの部分が手書きエリアに変わります。1マスに1文字ずつ入力してみましょう。

手書きの入力にともなって、その文字が自動的に認識されていきます。

3
1文字ずつ認識されたら入力エリアは自動的にスライドするため、右隣のマスに次々と文字を書いていきましょう。

キーワード入力が完了したら「確定」、虫眼鏡アイコンをタップして検索結果を表示します。

プラス1レッスン

  • iOS5.0以降のiPhone・iPad
  • Android 2.3以降のスマートフォン
  • Android4.0以降のタブレット

Google検索サイトでは、OSやブラウザを問わず利用できる手書き入力の設定が用意されています。

設定方法

ブラウザでGoogleにアクセスしたら、左上のメニュー「設定」から、「手書き入力」を「有効にする」にして保存します。

検索画面の下に手書き入力用のバー、または右下に手書き入力アイコンが表示されていれば設定完了です。

利用方法

手書き入力用のバーが表示されていれば、画面全体に文字を書き込めます。1文字ずつ認識されて自動的に入力エリアに表示されるので、入力を終えたら虫眼鏡アイコンをタップして検索しましょう。

検索画面の下に手書き入力用のバーが表示されていない場合は、右下に手書き入力アイコンをタップして表示してください。

Instagram
Google検索
Google LLC