ケータイとスマートフォンの違いのひとつは入力操作。物理的なボタンではなくタッチパネルに表示されたキーボードを使うため、入力方法のひと工夫で簡単で素早い文字入力ができます。

飯田家の父イチローさんが過去にタイムスリップ!まだケータイを利用している頃のイチローさんと二人で現在に戻る方法を模索しますが、話は次第にスマホの操作方法に……。

<フリック入力>

スマホで目的の文字を入力する際、同じキーを何度も押していませんか?
もっと手軽に素早く入力できるフリック操作に挑戦してみましょう。

1
キーボードが表示されたら任意のキーをタップ、そのまま指を離さずに画面に現れる案内を確認しましょう。

フリックする方向にあわせて上下左右に文字が表示されます。いずれか入力したい文字の方向に指をずらしてから離しましょう。

2
文字を途中まで入力すると、過去の入力履歴など変換入力の候補が表示されます。この中から選ぶのも入力時間の短縮に役立ちます。
3
フリック入力を使えば、カッコ記号の入力も簡単。「や」キーを左右にフリックして入力してみましょう。

プラス1レッスン

<声で入力>

文字の入力を手軽にする方法は他にも色々、たとえば声で入力することもできます。

1
キーボードを表示したら左上にあるマイクのアイコンをタップしてみましょう。キーボードのエリアが切り替わります。

マイクに向かって発話すると、聞き取った音声を文字に変換して表示されます。

2
もう一度やり直す場合は、中央のマイクアイコンをタップしてから発声します。