カレンダーアプリ
端末プリインストール

iPhoneやAndroid ™のスマホなら、ほとんどの機種やOSに最初からインストールされている「カレンダー」アプリ。
カレンダーやスケジュール帳の代わりをするだけでなく、予定を忘れないように通知(リマインド)する機能まで使いこなして、もっと便利に活用しましょう!

週末にあるバーベキューの予定をすっかり忘れていた飯田家の父、イチローさん。長男のヒデオくんからスマホのカレンダーアプリの便利な使い方を教わります。
標準的なカレンダーアプリなら付いている、通知(リマインド)機能の利用をご紹介します。

<予定の登録>

まずは「カレンダー」アプリで、予定を新しく登録してみましょう。あわせて通知(リマインド)の設定まで行ないます。

  • Android 5.1.1の標準アプリの場合です。機種やOSによって、機能や操作方法は異なります。
1
アプリを起動して、画面右下の「+」ボタンを押します。
2
「タイトル」や「場所」、予定の日時まで任意の内容で入力します。
3
「通知」の選択で、事前に通知(リマインド)を受け取りたい時間を設定します。

通知時間の設定は複数回とすることも可能です。

4
設定された時間になると、「カレンダー」アプリから予定の通知が届きます。

<予定の編集>

登録済みの予定を編集してみましょう。

  • Android 5.1.1の標準アプリの場合です。機種やOSによって、機能や操作方法は異なります。
1
アプリを起動して、編集したい予定のある日付けから、登録済みの予定を選択します。
2
編集ボタン(下図ではエンピツのアイコン)をタップしたら、登録した時と同じように任意の編集を行ないます。